安土城摠見寺の鐘銘

安土城にある摠見寺の鐘の銘文

---------------

安土山摠見禅寺者 
贈大相国一品泰岩大居士信長
公之開基也奕世佼其後裔
住山矣宗哲蔵主其葛藠而
敲磕干余門庭者有年乎茲
今也鑄洪鐘掛着於梵塲之
次乞銘之仍綴蕪詞充其請云

銘曰 

日域靈刹 近左名區 
高城陳蹟 效以鴻盧
寄相國廟 拓安土居

---------------- 

家業繼述 荘厳綿敷 
圓通榜閣 清浄滞湖
巨鐘鍠爾 勤備緇徒
教發賢聖 徳到獨孤
上達無上 麁久三麁
依聲覚性 記事啓愚
禮樂重器 法道要樞
時不可失 何離須臾
伏冀
大樹誕膺景福
長祝

---------------- 

寛永二十年癸未十月良辰 

長徳山主特英壽采 識焉

鑄師 洛陽釜座 飯田加右衛門入道宗運

----------------- 

大意

安土山の摠見寺は、信長によって作られました。
その後、信長の末裔が住職となり、
宗哲さんがいろいろ境内を整備して、
鐘を作ることになり、鐘に刻む銘文を
頼まれたので、こんな感じに文を作りました。
(銘文は省略)
寛永二十(1643)年十月
知恩寺住職の特英壽采が書きました。
鋳造したのは京都の鋳造組合の 飯田加右衛門入道宗運です

(長徳山主特英壽采識焉)の後、
間隔が空いて、枠の後ろのあたりに、
製造者の名前らしき物が彫ってあるのだが、
写真の撮り方が悪くて読めにくかった(T-T)…ので
たぶんこんな感じです。

さて、この銘文からすると、
寛永二十年の鐘は、安土城の摠見寺と、
大坂の吹田市にある大光寺の、
二つ存在することになります。

同じ時に二つも鐘を作るとは考えにくいので、
どちらかの鐘が、天保二年の製作で、
造られた時に以前の鐘の銘文を写された、
いわゆる旧銘という事になるので、
両方の鐘を見てみないと、判断ができない、

ということで、この続きは、
吹田市の大光寺の鐘を確認してからということで……。

っていったい、いつになるのだろう?

Posted by 淳也